早炊き加工米

早炊き加工米とは?
短時間で簡単に炊き上がり、しかも味わい深い本格派!

早炊き加工米とは

早炊き加工米にするお米は、福島県-会津美里町の特A地域の水田で低農薬で大事に育てられ、収穫後現地の工場で加工されます。工場では、精米・研米したお米を洗米・浸漬後にアルファー化して、早炊き加工米が作られます。

わずか18分で炊き上げ可能!

早炊き加工米は、炊き上がるまでわずか18分(電気炊飯器、1kg)しか要しません。業務に携わるものにとってご飯が売切れてしまったり、売れ残ってしまったりするのは頭の痛い問題です。早炊き加工米を使用することで、状況を見て追加炊きができ、販売のチャンスを逃しません。
また、大きな特徴として、固形燃料や電子レンジ、スチームコンベクションによる加熱に適しています。炊き込みご飯1人前(茶碗2杯程度)ならレンジで5分前後でOKです。もち米リゾットならレンジでもフライパンでも2分程度です。

無洗米だから簡単・手間いらず!

おいしいご飯を炊くには、洗米や浸漬にコツがいります。しかし、早炊き加工米ならその必要はなく、誰でも簡単にプロ級のご飯を炊き上げることが可能です。しかも他の加工米に比べて粒ぞろいです!
また、水を加えて炊くだけなので、器具類を簡素化することができ場所を取りませんので、厨房スペースを合理化できます。早炊き加工米を使用すれば、炊飯技術の教育やスペースの合理化によりトータルコストを削減する事が可能です。

環境にやさしい!

洗米には大量の水を必要とし、研ぎ汁に含まれる窒素やリンは河川を汚染する原因となります。その点、早炊き加工米は完全無洗米なので水資源や環境保護に貢献できます。
また、調理時間が短縮されるので水道やガス、電気の使用量が減り、経費を削減する事ができ、さらに省エネ、省力化に大きく貢献する事ができます。以上のことから、社会の一員としての社会的責任を果たす事が可能となります。