ふくしま満天堂でグランプリ受賞

12月21日、弊社商品の「食ってみらんしょ雑穀の恵み」が「ふくしま満天堂」の優良商品を決める最終審査で170点の中からグランプリとデザイン賞をダブルで受賞しました。「ふくしま満天堂」とは6次化商品の商品力向上や販路拡大に向けて福島県が創設した商品ブランドで、本年度は67事業所が登録し、事前審査で首都圏の食品バイヤーが最終審査に進むプレミアム10点を選び、その中からの受賞でした。

JGAP認証更新しました

2016年度に取得した「JGAP Basic認証 穀物2016」ですが、取得後2年が経過するにあたり更新審査を受け再合格いたしました。

ビジネスマッチ東北に出店

11月8日宮城県仙台市の夢メッセみやぎで開かれたビジネスマッチ東北2018に出店しました。3年ぶりの出店ですがハードケース入りキューブ米やレンジ調理用早炊加工米の反応が上々でした。

平成30年稲刈り終了

平成最後の稲刈りが本日終了しました。「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「里山のつぶ」「ミルキークィーン」「飼料用米」を刈り終わり、最後は低グリテリン米の「LGCソフト」と巨大胚芽米の「はいごごろ」という品種でした。他品種の作付で時期をずらして70haを刈り取ることができました。5月9日の田植えから始まり高温少雨の日照りを経験した174日目での終了でした。

稲刈作業研修

9月17日に始まった2018年の収穫作業も30%位進んだ中、本日は㈱イオンイーハート新入社員研修の仕上げである稲刈り作業研修が行われました。今年入社した15名が春の田植え、夏の草刈りに引き続きコシヒカリの手刈りを行いました。8アールの水田ですが、田植え以上の労働量とあって皆さん真剣な顔つきでした。

中学生の職場体験

今年も地元の本郷中学校1年生3名、高田中学校2年生3名の職場体験に協力させてもらいました。最初は衛生管理の大事さを座学で学んでもらい、その後、玄米袋の押印や加工製品の検品作業を体験してもらいました。

除草作業

コシヒカリ出穂前の除草作業のお盆前最後の追い込みです。稲の養分を食すカメムシが住み着かないように畦畔の除草を行いますが、今年は気温35度以上の日が続いており日中の作業がとても厳しい状況です。時間帯を変えたり作業体制を変えたりして、なんとかこなしています。また、今年は雨がほとんど降らず、水管理にも相当苦労しています。

溝切り作業

田植えから約1か月が過ぎた圃場の中干しをするために、溝切り作業に取り掛かっています。適度な分けつにし、根張りを良くするための作業で、バイクのような機械に乗ってやります。

田植え終了

5月9日に始まった田植えもようやく本日終了です。最終日は最難関の泥炭地のような水田です。田植え機が埋没してしまう箇所が結構あるので、1/3ほどは手押し田植え機で行いました。天候に恵まれたので予定より5日ほど早く終了することができました。今年は8条の田植え機1台で作業受託も含めて67haの移植田植えを行いました。

30年産米の田植えが始まりました

今年の田植えが始まりました。最初はコシヒカリの直播から始まり45日間ほどを予定しています。移植の最初はイオンイーハート様の新入社員農業体験です。気温16度の肌寒い中でしたが、若者たちは2時間休まず頑張って手植えを完遂しました。