安心宣言・JGAP

安全な食べ物を皆様の食卓へ

「農業生産法人 米夢の郷」では、農作物の生産から収穫、加工までを行っています。原料米はすべて検査米で、コンタミ防止にも最大の努力をしております。農薬についても、平地での稲作において完全無農薬は現在のところ不可能に近い状態ですので、出来る限り最低限の使用にとどめております。心配される放射線量についても、JGAP協会の放射能検査プログラムを連続して受験し、問題のない合格農場として認められています。今後も、身体の中に取り込む食べ物であるからこそ、安全、安心なしっかりとした商品をお客様へお届けするべく、日々努力していきます。

JGAP認証農場

2017年1月には農業担当社員3名が日本GAP協会認定のJGAP指導員資格を取得し、同年3月には、第3者機関の審査により、食の安全や環境保全に取り組む農場として認可され、「JGAP Basic認証 穀物2016」を取得しJGAP認証農場となりました。JGAPとは安全な農産物の生産、環境に配慮した農業、生産者の安全と人権の尊重、適切な販売管理を実現するために開発された農業生産工程管理の手法で、持続可能な農業経営と消費者の信頼を確保することを目指しています。

徹底した安全管理・衛生管理

加工においても製造工程のほとんどを機械化し、徹底した安全管理・衛生管理を行っております。精米工程では石抜機、色彩選別機、スーパーチェッカーなど6箇所で異物を取り除き、充填工程では金属探知機やX線検査機を導入しています。器具の清掃は熱湯殺菌、アルコール噴霧を実施し、製造品は自社検査室で日々サンプル検査を行い、より安全な商品を消費者の皆様へご提供致しております。


エアシャワー室

エアシャワー室

検査室

検査室

色彩選別機

色彩選別機

X線検査機

X線検査機

熱湯槽

熱湯槽