稲刈り開始

平成29年度の稲刈りが始まりました。8月の長雨の影響で生育が心配されていますが今のところ問題はないようです。本日の「ひとめぼれ」を皮きりに「ミルキークイーン」「天のつぶ」「コシヒカリ」「笑みの絆」と10月末日まで収穫作業が続きます。

計量検定

計量法で2年に1回と定められている公的機関による計量器検定試験を受けました。当社には3施設で10台の計量器(はかり)があり、適正重量での販売のために自主検査は随時行っていますが、法定検査もしっかりと受けています。

草刈り研修

イオンイーハート様の農業体験研修で草刈りが行われました。田植後の生育状況や草刈りの必要性などの説明を聞いた後、気温30度の暑さの中で全員汗を流しながらの作業になりました。秋の収穫が楽しみです。

エゴマ栽培

弊社雑穀米にブレンドしているエゴマの栽培を今年から始めました。αリノレン酸が豊富なため近年大人気になって価格が暴騰し、手に入りにくくなっているため自作することにしました。会津では「じゅうねん」と呼ばれ、昔から味噌として使われています。食べると更に十年長生きするところからそう呼ばれているそうです。

苗箱洗い

1か月にわたる田植えも終盤を迎え、移植で使った苗箱洗いをしています。コシヒカリ、ひとめぼれ、ミルキークイーン、天のつぶを育苗してくれた苗箱を綺麗に水洗いして来年また使えるように管理しておきます。

よしもとシュフラン認定

当社の「国産11雑穀」と「キューブ米」がよしもと福島シュフラン2017に認定され、6月2日、新宿ルミネで開催された認定式に出席し認定証をいただいてきました。

田植体験

5月8日に今年で6回目となるイオンイーハート様の田植体験研修が行われました。風評に惑わされないように直接現場に出向いて現実を肌で感じ、きちんと見極めようと震災後に始まった研修です。今年は新入社員の方が多く、泥だらけになりながら手植えを体験しました。苗を移植する田植えもこれから本格化します。

直は作業始まりました。

いよいよ田植えが始まりました。最初はコスト削減や軽労力化に有効な育苗せずに種子を直接圃場に播種する直播(ちょくは)という方法の田植えから行います。蒔く種は、鳥害対策や浮苗対策、病害対策として鉄コーティングしたものを使用します。

畔塗り始まりました

桜のつぼみが膨らんできた4月中旬ですが当社でも畔塗りが始まりました。水田の水が流れ出ないようにひび割れや穴を埋めて四方を防水加工する仕事です。種まきも同時に始まりました。いよいよ稲作の季節です。

「発芽&雑穀」好評価

上野松坂屋で開催された東北物産展の「よしもと福島シュフラン」という試食選考会で、ゆりやんレトリーバーさんが選んだのが、雑穀とコシヒカリがベストブレンドされた弊社人気商品の「発芽&雑穀」でした。「ふりかけ、漬物なんにでも合うし、炊いたらピンク色になって食卓が彩られました。」と好評価を頂きました。